カロナール中耳炎

子供の耳が痛い!カロナールを子供の中耳炎の痛み止めに使いました。

1年ほど前のことです。

 

わたしの5歳の子供が夜中に「痛いー!」と大声を出して泣き始めました。

 

最近では子供は夜泣きなどもしなくなったので、大変驚きました。

 

「どこが痛いの?」と声をかけると「耳が痛い」と言います。

 

今までになかったことでしたので、なぜ耳が痛いのか、まったく思い当たることがありません。

 

泣き叫ぶ息子をなだめながら、スマホで「子ども 耳 痛み」と入力して調べました。

 

すると、「中耳炎」というワードがたくさん出てきました。

 

なるほど、中耳炎なら急に痛むと聞いたことがありますので、納得です。

 

おそらく、中耳炎だろうと思いました。

 

でも夜中の3時に救急に連れて行く程だろうか?と考えました。

 

本人にとっても、眠いのに病院に行くのは大変です。

 

なんとか、明日の朝まで眠れないものだろうか、と考えネットの検索結果を読み進めると、

 

「子供の中耳炎にはカロナールを処方されることが多い」

 

との記載がありました。

 

カロナール・・・?どこかで聞いたような。

 

しばらく考えると、2ヶ月前の子供の発熱でいただいたけれど、飲まなかった薬のことを思い出しました。

 

熱が下がらなかったら飲ませてください、と言われてカロナールを処方していただいたのですが、幸いすぐに熱が下がったので、そのままにしてあったものです。

 

粉薬を水で溶き、痛がる子供のの体を起こし、なんとか飲ませました。

 

すると、次第に泣き叫ぶ力が弱くなり、20分ほどたつと、すやすやと眠りました。

 

痛みで目が覚めるかと心配していましたが、朝はそれほど痛がっていませんでした。

 

かかりつけの耳鼻科に行くとやはり「中耳炎」とのことでした。

 

夜中に痛がった話をすると、「一晩中痛かったでしょう?」と先生に聞かれました。

 

別の病院で、しかも発熱でいただいた薬だったので、勝手に飲ませてしまい、何か言われるかな、と心配でしたが、「たまたま持っていたカロナールを飲ませました」と言いますと、「それはよかった」と言っていただけてほっとしました。

 

それ以来、我が家ではカロナールはお守りのような薬になり、かならず常備するようになりました。

 

(埼玉県 M・Hさん)

 

【おすすめ記事】カロナールと同成分の市販を安く買う方法の紹介!