片頭痛 痛み止め カロナール

片頭痛の痛み止めにカロナールを活用しています。

私は中学生の時から片頭痛もちで台風や天気が悪い日はもちろん、勉強やパソコンなどをして方が凝っている時などに頭痛が起こります。

 

梅雨時期や寒い日などはほぼ毎日で吐き気をともなったり横になっていてもつらいし仕事も手につかないのでほんとにつらいです。

 

病院でも調べてもらいましたが特に問題はありませんでした。私の母も片頭痛持ちで片頭痛は遺伝するようです。

 

私はカロナールを痛み止めとして使い始めてかれこれ10年近くになります。でもどうやってカロナールをお医者さんに出してもらうの?と疑問にいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

高熱が出たときなどはもらうことは多いと思いますが、頭痛だけで診察してもらえるのかは私も疑問です。(笑)

 

私がどうやってカロナールをもらっているのかと言いますと、喘息の定期健診に行ったときや診療内科でもらっています。

 

喘息は小さいころから持っているという方がほとんどだと思いますが私は20歳を過ぎてから発覚したのです!今まで飲んでいた咳止めや風邪薬が聞かないわけですよね。(笑)

 

その喘息が発覚してから3か月に1回、定期検診に行っています。そこのお医者さんは診察の最後にどこか体調で気になる所はない?と聞いてくれるので頭痛がひどいのでカロナールが欲しいです。

 

と素直に言うとすんなり出してもらえました。でもこういうところは少ないかもしれないですね。(笑)

 

あともう1つの心療内科では、ストレスでも頭痛が起こるということを聞いたので少しでも良くなるならと受診したのがきっかけでした。

 

なので病院でも異常がないのに頭痛がひどいという方は受診してみるのもいいのではないかと思います。

 

カロナールは1回で2錠飲むことがほとんどだと思いますが、ほんとに効かないときは1回に3錠まで飲んでいいよと言われ「へー!」という感じでした。

 

そこの1日3条の3回分で月に90錠もらっています。すごい数ですね(笑)それくらい頭痛がひどいんです!(笑)

 

カロナールより効き目のいい薬を飲めばいいんじゃない?と思う方がいらっしゃると思いますが、カロナールはほかの強い痛み止めに比べて胃に優しい!

 

私はロキソニンでもそんなに効き目がないので同じ量飲むと胃がかなり荒れます。

 

お勧めしません。

 

また、市販のイブやバファリンなどをよく使用している方のいらっしゃると思いますが実はインフルエンザの時などに飲むと危ない薬もあるのです。

 

なので冬場などは特に熱の痛みなのか片頭痛なのかわからないことも多いので絶対にカロナールをお勧めします。

 

長くなりましたが、ひどい頭痛持ちの方に参考になればと思います。

 

頭痛は大きな病気の時もありますので、まずは必ず病院を受診して原因を調べてもらってくださいね!

 

(鹿児島県 lilyさん)