妊娠中の頭痛に効くカロナール

カロナールは妊娠中、授乳中の私のお供

私は高校生の頃からずっと頭痛持ちでした。

 

排卵日前後や生理前から生理3日目くらいまではほぼ毎日頭痛薬を飲まなくちゃやってられないという状態。

 

頭痛薬は月に1箱は無くなってしまうという生活だったわけです。

 

でも、まあ頭痛薬を飲めば大丈夫だったので、これまでは頭痛薬とお付き合いしながらうまくごまかしてやって来ました。

 

そんな私に、妊娠と同時に最大の試練が訪れたのです。

 

そう、妊娠中は薬を飲めない!

 

それでなくてもつわりで非常に具合が悪いのに、いつもの頭痛は容赦なくやって来ます。

 

死んでしまいたいと思った日もありました。

 

その頃まだ無知だった私は、妊娠中も飲めるカロナールの存在を知らなかったんです。

 

ある妊婦健診の時に頭痛がひどい事を医師に相談したら、あっさりカロナールを処方してくれました。

 

妊娠中に薬を飲んでも良いと思わなかったのでちょっとびっくりしたのを覚えています。

 

医師は「以前からひどい頭痛に悩まされていたなら、カロナールじゃ効かないかもしれない。効果は比較的弱いお薬なんだよね。」

 

と説明してくれました。

 

「それじゃあ私には効かないかもな」

 

と覚悟はしていたんですけど、そんな心配は全く無用でした。

 

普通に効果あり、もっと早く貰っとけばよかったと本当に後悔しました。

 

妊娠中も容赦なくやってくる頭痛を幾度となくカロナールに助けてもらい、私にとってはもう「カロナール様!!」という状態で妊娠生活をなんとか乗り切りました。

 

妊娠生活が終わると、そのまま育児が始まります。

 

初めての授乳、痛い痛い!2〜3時間おきの授乳、眠い眠い!

 

すると寝不足がたたり、やっぱり頭痛になっちゃうんですよね。

 

授乳中はカロナールより効果の高いと言われているロキソニンも飲めるという事で、医師にどちらを処方するか聞かれたのですが、ロキソニンは頻繁に飲むと胃が荒れるという話を聞いたことがあったので、やっぱりカロナールにしました。

 

妊娠中もそうでしたが、授乳期も、寝不足など疲れで体調はガタガタです。

 

そんな時はやっぱり副作用が少ないお薬の方が助かります。

 

余計に具合悪くなっている場合じゃないですからね。

 

結果、カロナールにして大正解だったなと思います。

 

(北海道  じゅんこちゃんさん)