風邪発熱カロナール

カロナールは自分に合った解熱剤

私は酷い熱が長時間続いたときには、必ずカロナールを使用するようにしています。

 

 

私は風邪を引いたときは高熱になることが多く、高熱が続くことで食欲もなくなり体の関節も酷く痛んでくると症状が現れやすいため、カロナールは欠かせない存在です。

 

しかし、すぐにカロナールを使用することは避けています。

 

風邪などの熱は、体の菌を排除しようという意味のある熱なので、熱が出てもすぐにカロナールを使用して熱を下げるのではなく、しばらくは熱が出てくることを受け入れてからそれでも熱が長時間続くようであれば使用します。

 

カロナールの効果ですが、解熱効果という意味ではとても即効性があります。

 

朝起きて熱がある場合、どうしても仕事が忙しく熱を下げなければいけないと感じたときには、すぐにカロナールを使用すれば、午前中には熱は平熱に下がっているほどです。

 

これだけカロナールが効果があることはとても嬉しいことですが、やはり体への負担も少なからずあるでしょう。

 

つまり、カロナールはとても効果的な解熱剤ですが、多様することは避けるようにしています。

 

あくまでも一度の風邪などの熱で一回使用するように心がけ、後は自分の治癒力を利用して熱を下げるように心ががけています。

 

カロナールは昔から使用していますが、ほぼ間違いなく解熱を行うことができています。

 

解熱に時間がかかる場合もありますが、しっかり効果は現れてくれていますので、カロナールは自分には合っている解熱剤だと感じています。

 

多くの解熱剤がありますが、やはり自分に合った薬を選ぶことは重要で、自分に合っているカロナールはこれからも強い見方になってくれるでしょう。

 

上手に熱と付き合っていき、さらにカロナールとも上手に付き合っていくことで健康的な体を維持することができていると感じています。

 

(広島県、YUUKIさん)